不動産売却のタイミングは難しすぎる

不動産売却の方法は仲介と買取に大別されます。
仲介の場合は不動産業者で購入者を募りますが、あくまでも不動産売却を依頼して市場で購入者を探すので仲介手数料を徴収されます。

買取の場合は不動産業者が直接不動産の購入者になるため早々に不動産売却を実現する事が行え、仲介手数料を徴収される事もありません。一見すると買取の方が不動産売却を行うメリットが高いように思えますが、傾向として仲介よりも売却価格が低くなる事があります。

この様な傾向は不動産業者が利益を上げるうえでしょうがない事で、買取を行う場合、不動産の付加価値を上げる為にリフォームなどを行うので、どうしても仲介よりも価格が低くなってしまうのです。また、リフォーム等を行ったとしても必ずその不動産を売却できるとは限らないので、不動産業者としては買取金額を低くせざるを得ないのです。

どちらで不動産売却をするにせよ、不動産業者で取り扱っているサービスですが不動産売却のやり方はまったく違ってきます。
1つの不動産業者に縛られることなく、複数社に査定を依頼することをオススメします。業者でさえ「安く購入し、高く売却したい」という考えは同じなのです。
>>>不動産査定

不動産売却するときは、リフォームをしたほうが売りやすいのでしょうか?
お客さんのなかには、自分でリフォームした方がいいと考える方もいます。なのでゴミは捨てて、リフォームなしの状態のほうがメリットがある場合があります。このようなときは、先に不動産会社に聞いてみましょう。

壁やドアなどはきれいにする必要はあります。キッチンやリビングの間取りは、住む人によって好みがばらばらなのでリフォームで逆に売りにくくなる場合もあります。またお金を急ぐ方は、不動産会社に買い取ってもらうという方法もあります。

広告に出ないので、個人情報が守られるという安心感もありますね。できるだけ高く買い取る方法を、不動産会社ではアドバイスしてくれます。気になる会社があれば、先にメールで問い合わせをしてみましょう。

周辺の相場についてもある程度、知っておいた方がスムーズにいきます。掃除や片付けなどの相談にのってくれる会社も増えています。

私の場合、不動産売却では痛い経験があります。
別に焦って売却したわけではないのですが、もし売却を後1年程度まっていたならば同じ不動産が2割から3割程度高く売却できた可能性が高かったからです。
もちろん、初めからそのことが分かっていたならば売却を1年間は待つこともできたのですが、知らないということは仕方のないことで、自分ではタイミング良く売却をしたつもりでした。

2割から3割ということですが、不動産は大きな金額になってしまうため、かなりおおきな金額の差が出てしまったため、かなり後悔することになってしまいました。
ただし、これは待てば同じくらいの割合が低くなってしまう可能性もあるので、あながち下手なタイミングであるとも言いにくい面もあります。
知らなかった事ですが、ちょっと調べればもしかしたら不動産が高くなるような兆候を感じとれたかもしれないということが後悔の主たる原因です。
ちょっとしたタイミングを大きな得をしたり、大きな損をするのが不動産の売買です。